HOME企業情報イオンディライトアカデミーながはま産・官・学連携の研究開発

産・官・学連携の研究開発

大学や学術研究機関とアライアンスを組み、次世代技術の研究開発に取り組んでいます

環境負荷低減を効果的に実現する省エネルギーオペレーションの標準化

CO2削減機器の導入だけで終わるのではなく、その機器をどのように運用・管理すれば、快適な環境を維持しながら、より効果的な省エネ対策が行えるか。その方法を人間の感覚だけに頼らず、科学的、学術的視点から分析し、数値に基づいて具体化。誰もが実践できる、業界における標準的な指標の開発に取り組みます。

メンテナンス手法の学術的体系化による資産価値維持とライフサイクルコスト低減の実現

機器や設備の破損・劣化等、建物経営に伴う様々なリスクを、最低費用で最小限に抑えるためのマネジメントにおいて、そのメンテナンスメニューを学術的に体系化。資産価値を維持しながら、「安全」「安心」「快適」の強化に取り組み、ビルメンテナンス業界の社会的地位の向上を目指します。

膨大なメンテナンス情報の科学的分析による付加価値化

施設内各機器にセンサーを取り付け、そこから収集するデータによって設備や各種機器の不具合を科学的に予知する技術を開発します。遠隔地からのメンテナンス情報を集約・分析し、建物・設備の診断が行える効率的なメンテナンス技術のインテリジェンス化に取り組みます。

人間工学的アプローチによるメンテナンス工程の革新と生産性の向上

複雑なメンテナンス工程を機能単位で分割・モジュール化し、作業の優先順位を明確化。科学的工学的視点を取り入れることでスタッフの高い稼働率とより高度なサービス品質を追及します。

ページの先頭へ戻る

企業情報
イオングループ

イオングループ一覧へ新しいウィンドウが開きます

ピックアップ
  • 東日本大震災発生時の支援活動記録
  • 総合FMS ファシリティマネジメントサービス