AEON delight

ダイバーシティとインクルーシブの推進

一人ひとりの個性を尊重し、多様な人材の活躍を成長の原動力とすることを目的に、当社ではダイバーシティの推進に取り組んでいます。女性従業員については正社員採用比率の向上や管理職育成などに取り組んでいます。また、LGBTセミナーの実施やイクボス企業同盟への加盟、長時間労働是正のための生産性向上に向けた活動などを進めています。2017年7月には厚生労働大臣認定の「えるぼし」(認定段階3)を取得、8月には「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」の認証も取得しています。2018年2月には、大阪府より「大阪府男女いきいき・元気宣言」事業者に登録されました。
また、当社はイオングループの一員として、ダイバーシティ推進体制の構築を目指す取り組み「ダイ満足」に参加しています。女性社員のキャリアアップ支援を目的としてイオン株式会社が主催する「”ダイ満足”カレッジ」にも参加し、会社の枠を超えた交流の中で互いに学んでいます。

厚生労働大臣認定の「えるぼし」(認定段階3)
厚生労働大臣認定の
「えるぼし」
(認定段階3)
大阪市女性活躍リーディングカンパニー
 大阪市女性活躍
  リーディングカンパニー
大阪府「男女いきいき・元気宣言」事業者
大阪府「男女いきいき・元気
宣言」事業者

ダイバーシティ推進宣言

当社は、多様な価値観を持った多様な人材が活躍できる組織を構築し、新たな「『環境価値』の創造」の原動力としていくため、2015年4月にダイバーシティ推進宣言を行いました。

お客さま満足の実現、新たな環境価値創造をめざし、イオンディライトのダイバーシティを推進します

目的 一人ひとりの個性を尊重し、多様な人材の活躍を企業成長の原動力とする
ねらい 総合FMSの新たな環境価値創造

ダイバーシティ推進の取り組み

2016年11月、ダイバーシティ推進活動の一環として、役員や幹部社員を対象にLGBT※セミナーを実施しました。特定非営利活動法人虹色ダイバーシティの代表・村木 真紀氏を講師にお迎えし、性的マイノリティ(少数派)について正しい知識を習得し、多様な性のあり方ついて理解を深めました。

※LGBT: レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの英語の頭文字を並べた性的マイノリティを総称する言葉のひとつ。

セミナー資料
セミナー資料

女性活躍推進法に基づく行動計画

女性活躍推進法に基づき、当社の行動計画を以下の通り提出しました。

女性が自らの意志によりキャリアを構築し、スキルを十分に発揮することができる環境づくりに取り組む。それを実現するために、次のように行動計画を策定する。




1.計画期間

令和4年4月1日~令和6年3月31日



2.当社の課題

①女性活躍の母集団となる女性の正社員が少ない。
②女性の役職者が少ない。




3.目標と取り組み内容

目標1:直近5年間で、女性の正社員数を2021年度は2017年度比で1.7倍に増やすことができた。このトレンドを継続させ、2023年度には2017年度比で2.0倍まで増やす。

<取り組み①>女性の正社員の採用活動の促進および退職の抑制

・定期採用者向けにインターンシップを開催し、女性にも当社の事業に興味を持ってもらえる機会を提供する。

・法律よりも充実した育児休職や看護休暇の制度を整備している等、当社はワークライフバランスを取るための制度が充実していることを、ホームページ等を通じて情報発信を行うとともに制度利用者を増やす。

目標2:直近5年間で、女性の役職者を2021年度は2017年度比で1.9倍に増やすことができた。このトレンドを継続させ、2023年度には2017年度比で2.4倍まで増やす。

<取り組み①>就業の継続につながるキャリア形成の支援

・人事考課の納得性向上および動機づけのため、上司との人事考課面談の促進に取り組む(過去の調査データから、統計解析に基づき面談効果の有意性を確認)。

・管理職一歩手前の女性従業員を対象に、キャリアアップの意欲向上やリーダーとしてのマネジメントスキルを身につけることを目的とした女性従業員向けのキャリアアップ研修の受講機会を提供する。

・自己申告制度で得られる定量・定性データの解析に取り組み、従業員のキャリア形成に活用する。


<取り組み②>子育て・介護と仕事の両立を支援する制度の推進

・テレワーク制度の運用を定着させることで通勤の負担を減らし、子育て世代が働きやすい職場環境づくりに取り組む。

・育児・介護休職を考えている従業員向けに、制度を分かりやすく理解してもらうためのガイドブックの作成に取り組む。

・育児・介護休職中の従業員にも社内報を発送し、会社の情報を定期的に伝える。


<取り組み③>管理職にダイバーシティマネジメントの理解を広める研修の実施

・定期的に管理職向けの行動規範研修を実施し、ダイバーシティマネジメントの理解を広める。

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づき、当社の行動計画を以下の通り提出しました。

社員が仕事と子育ての両立をさせることができ、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。




1.計画期間

令和元年6月1日~令和4年5月31日




2.目標

計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする。

男性社員・・・計画期間中に2名以上取得すること。
女性社員・・・取得率を80%以上にすること。




3.内容

対策1: 令和元年7月~ 勤務地の選択制度を導入し、①多様な働き方の推進、②個人の意思を尊重する働きがいの向上、③イキイキと働くことのできる仕組みづくりをする。
令和元年9月~ 管理職を対象として、DVDを利用したワークライフバランス実現のためのマネジメントに関する教育を実施する。
令和元年9月~ 一定資格の登用者全員及び管理職(未受検者)を対象に「両立に関するセミナー(イクボスセミナー)」をWebで実施し、イクボス検定受験の義務付けをする。
対策2: 令和2年6月~ 若手社員を対象にしたキャリアアップセミナーを実施
子育てを行いながら、就業できるキャリアイメージを形成する。
対策3: 令和2年7月~ 1歳以下の子供を持つ男性社員に育児休職関連の資料を送付する。
令和2年6月~ 男性も育児休業できることを周知するために、社内報や掲示板等に掲載し、情報を発信する。

イクボス企業方針

当社はダイバーシティ経営の一環として、従業員に対して働きやすさと成長を実感できる環境づくりを進めていくことを目指し、2016年10月に「イクボス企業同盟」に加盟しました。
さらなるワークライフバランスの推進を目的に管理職の従業員を中心にイクボス検定の受験を推進し、2020年12月現在、累計で約350名が合格しています。

ダイ満足 AEON Diversity

イクボス企業方針 5カ条

1つ 2020年までに女性管理職比率50%を目指し取組みを進めます。
1つ 各地方公共団体、各地域の他企業と連携して女性活躍を進めます。
1つ 部下のキャリアプランを実現するために、惜しみなく支援の場を提供します。
1つ 雇用管理区分や性別にとらわれず、意欲や能力のある人材の登用、教育機会を創出します。
1つ 長時間労働の撲滅を進めると共に、ワークライフバランスの充実を図ります。

イオンディライト株式会社

イクボス企業同盟


関連リンク