AEON delight

将来ビジョン

イオンディライト ビジョン2025

アジアにおいて、
「安全・安心」、「人手不足」、「環境」の3つを成長戦略の柱に
社会課題を解決する環境価値創造企業を目指す

2018年10月、当社は更なる持続的成長を目指し、
新たに「イオンディライト ビジョン2025」を策定しました。
経営理念である「私たちは、お客さま、地域社会の『環境価値』を創造し続けます。」を礎に、
目標達成に向けて取り組み、社会課題の解決に取り組んでまいります。

当社は、ビジョン2025の実現に向けて、ファシリティマネジメントの専門家集団としての企業ブランドを確立するとともに、事業を展開する各エリアにおいて地域経済圏の形成を図ってまいります。

2025年度目標数値

ビジョン2025実現に向けたロードマップ

2019年度に判明した当社連結子会社 旧(株)カジタクの不正会計処理問題や 2020年度の新型コロナウイルス感染症の影響による一部施策の遅れを踏まえ、目標数値に関しましては2021年4月に再設定いたしました。

(参考)2018年10月公表当初の目標数値 売上高5,250億円、営業利益480億円

ESG経営の推進とマテリアリティ(重要課題)の特定

当社はビジョン2025で掲げる社会課題解決に向けた推進力を高めるため、ESG経営を実践していきます。当社が事業を通じて解決すべき課題の具体化に向けて、ビジョン2025で掲げる3つの社会課題「安全・安心」「人手不足」「環境」に、持続的成長を果たしていくために不可欠だと考える「テクノロジーの活用」「ガバナンス」を加えた5つの領域において、マテリアリティ(重要課題)の特定を実施しました。今後、事業を通じて、これらの課題解決に取り組みます。

ビジョン2025 マテリアリティ
安全・安心 安全・安心な生活環境の提供
人手不足 生産性向上を通じた人手不足の解消や多様な人材が活躍できる環境づくり
環境 省エネや再エネの利用促進などを通じた環境負荷の低減
テクノロジーの活用 AI、IoT、ロボットの活用と情報化社会へのリスク対応
ガバナンス グループガバナンスの強化
イオンディライトの目指すSDGs
事業を通じて解決する社会課題 企業活動を通じて解決する社会課題
安全・安心な施設環境3 すべての人に健康と福祉を11 住み続けられるまちづくりを17 パートナーシップで目標を達成しよう 人権・ダイバーシティ&インクルージョン4 質の高い教育をみんなに
テクノロジーを活用した人手不足解消8 働きがいも経済成長も9 産業と技術革新の基盤をつくろう11 住み続けられるまちづくりを 人材育成8 働きがいも経済成長も
環境負荷軽減7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに9 産業と技術革新の基盤をつくろう12 つくる責任つかう責任13 気候変動に具体的な対策を 地球環境13 気候変動に具体的な対策を