イオンディライトの成長性を理解するイオンディライトってどんな会社?

国内NO.1のファシリティマネジメント企業として
アジアを舞台に「環境価値」を創造しています。

40年以上にわたって、さまざまな施設に「安全・安心・快適」を提供しています。

1972年に創業したイオンディライトは、大型商業施設をはじめとしたさまざまな施設で「設備管理」「清掃」「警備」といったサービスを通じて、お客さまにファシリティ(施設とその周辺環境)の「安全・安心・快適」を提供してきました。その後、資材の購買代行や自動販売機の管理など、サービスメニューを拡充すると共に、その展開エリアを中国、アセアン各国へと拡大しています。

現在、グローバル市場における競争の激化を受け、ファシリティの管理運営業務を含む間接業務を専門性の高い企業にアウトソーシングする傾向が強まっています。こうした中、次代を見据えた新たな事業モデル構築に取り組むイオンディライトでは、提供サービスの業務領域を従来のオペレーション領域からマネジメント領域へと拡大し、ファシリティに関連するアウトソーシングニーズを統合的に管理運営するサービス「IFM(インテグレーテッド・ファシリティマネジメント)」を展開。お客さまの戦略的パートナーとして最適なサービスの提供を図り、日本発グローバルレベルのIFM企業を目指しています。

経営理念

私たちは、お客さま、地域社会の
「環境価値」を創造し続けます。

環境価値イメージ
2016年度 オペレーション領域からマネジメント領域まで業務領域を拡大し、IFMを展開

“ファシリティマネジメント業界のトップ企業”です。

イオンディライトは国内ファシリティマネジメント(以下、FM)業界No.1。強みとする大型商業施設の管理運営で培った技術・ノウハウを基に、オフィス、ホテル、医療・福祉施設、学校施設などさまざまな施設へサービスを提供しています。

売上高
2,947億円
(2018年2月末時点)
従業員(グループ合計)
13,079名
(2018年2月末時点)

FMを中心とした多様な事業展開で
グループシナジーを追求しています。

国内外に約30社を展開するイオンディライトグループは、広範に展開する事業のスケールメリットを活かし、グループシナジーを追求しています。

イオンディライトグループ