AEON delight

イオンディライトの成長性を理解する市場規模はどれくらい?

国内6.7兆円、中国・アセアンで24兆円と
国内外でファシリティマネジメントのニーズが高まっています。

経済成長を背景にアジア市場が拡大しています。

中国・アセアン各国では都市環境の変化に伴い、施設の活性化や効率的な運用が課題となっています。FMの市場規模は国内が約6.7兆円であるのに対し、中国・アセアンでは約24兆円(いずれも当社試算)となり、現在も拡大しています。イオンディライトでは中国をはじめとしたアジア市場を中長期的な重点エリアと捉え、成長ポテンシャルの高い同エリアに経営資源を積極的に投下していきます。

日本6.7兆円 中国・アセアン24兆円

建物のコストマネジメントの重要性が高まっています。

オフィスビルの寿命を約50年とすると、ランニングコストは建設費の4~5倍かかると言われています。ライフサイクルマネジメントの観点から、建物の維持・補修費用の低減と長寿命化が重要視されており、イオンディライトの活躍の場は広がっています。

建物のコストマネジメントの重要性が高まっています。