キャリアパス

イオンディライトでは、入社後まずは商業施設等の建物でファシリティに係る業務を担当し、現場での実務経験を十分に積んでいただきます。

キャリアパスの例

Case1

入社4年目 女性
現所属:建設施工事業本部 内装設計部

施設テナントの内装デザイン
・図面作成を担当

1年目

設備管理 担当

商業施設の設備管理担当として勤務。建物の安全を守るためには「変化に敏感になること」がとても重要だと先輩から教わり、毎日の点検において設備の異変や数値の変化を見逃さないように心がけた。また、日々店舗に来られるお客さまは年齢層、来店目的、国籍が様々なため、全てのお客さまにとって快適な環境とは何かを考えるようになった。

1年目
~現在

内装設計部

設備管理を半年間経験した後、希望していた内装設計部に異動になり、店舗の新規建設やリニューアルの際のテナントのデザインおよび図面作成を担当。図面や提案資料の作成などのデスクワークも多いが、店舗へ出向き現地調査することで、その店舗の客層や過ごし方など、より良い提案のための情報収集を大切にしている。自分の考えた提案や図面に書いたものが、実際に形になりお客さまに利用していただけることに、とてもやりがいを感じている。

Case2

入社5年目 女性
現所属:設備管理 チーフ

チーフとして商業施設の
修繕計画を推進

1年目~

設備管理 担当

商業施設の設備管理担当として、日常点検や緊急対応などを経験。学生時代は電気や設備に関する専攻ではなかったため毎日が勉強の連続だった。最初の担当物件は竣工後約30年経過していたため、設備の故障などのトラブルも多く、建物の「当たり前の状況」を守ることの難しさと大切さを学んだ。

3年目
~現在

設備管理 チーフ

チーフになり、設備工事の管理や調整、提案など一担当者の時よりも仕事の幅が広がった。設備の工事や整備を協力会社と調整する中で自分の知識・技術の不足を痛感し、自主学習に加えて会社の研修も利用しながら、設備管理関連の資格を5つ取得。現在は、店舗の修繕を3年計画で少しずつ進めており、お客さまのご希望やお悩みを聞きながら、専門的な目線で優先度を見極め、空調機や冷凍機の交換工事を提案している。

Case3

入社9年目 男性
現所属:事業構造改革本部
ビルオートメーション推進部

設備の自動制御システム導入を提案

1年目~

設備管理 担当

設備管理担当として勤務し、入社後約1年が経過した頃に新しくオープンするイオンモール店舗へ異動。オープンに向けて、建設会社との打合せ、お客さまとの調整、日常点検業務を行うための点検票や月間スケジュールの作成などの業務を経験した。新規オープン業務に携わったことで、設備の仕組みやそれぞれの関連性を根本から理解することができた。

3年目
~現在

ビルオートメーション推進部

お客さま施設のエネルギーコスト削減および環境負荷低減を目的に、設備管理の自動制御システム「オープンネットワークシステム」の提案営業、導入工事の管理、運用までの一連の業務を担当。大学の建築学専攻で学んだ建築・省エネの知識と、設備管理担当で得た設備の知識の両方を仕事に活かせている。短期間に導入工事が集中し、お客さまや協力会社との調整に苦労したが、導入後は当初の試算以上の使用電力削減効果を出すことができている。実績を出すことでお客さまの信頼を得ることができたと実感している。

Case4

入社14年目 男性
現所属:グループ戦略本部 
環境・社会貢献チーム

支店長を経験後、
管理部門の新規プロジェクトに参画

1年目~

設備管理 担当

入社後、商業施設の設備管理担当として、日常点検や緊急対応などを経験。研修や現場のOJTを通して、建物の安全性を守るための基礎知識・技術を学んだ。

4年目~

設備管理 チーフ

チーフになり、一担当者の時よりも仕事の幅が広がる。より一層責任感を持ち仕事に取り組むとともに、さらなる知識・技術力向上のために設備管理関連の資格取得にも力を入れた。

5年目~

設備管理 センター長

担当物件の設備管理責任者として、業務および予算・売上の管理、スタッフの教育、他事業との調整を経験し、マネジメントスキルを取得。入社11年目には店舗の大規模リニューアル工事を受託し、お客さま施設の環境改善、および会社の売上向上に大きく貢献できた。

12年目~

支店長

管轄県内9カ所の物件を取りまとめる支店長として、お客さまとの信頼関係の構築や支店全体の売上管理・労務管理を担当。働きやすい職場環境の実現に向けて、残業ゼロの推進や、従業員のコミュニケーションの活性化を図った。

14年目
~現在

環境・社会貢献チーム

世界が目標に掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の達成のため、当社が抱える課題の抽出や、改善に向けた仕組みづくりを担当。新たに設立されたチームのため、試行錯誤を繰り返しながら、イオンディライトグループの成長と持続可能な社会の実現の両方を達成することを目指している。

Case5

入社19年目 男性
現所属:イオンディライトベトナム 出向

現場・管理部門の経験を活かし
海外子会社へ

1年目~

設備管理 担当

入社後、商業施設の設備管理担当として、日常点検や緊急対応などを経験。2年目には新規オープン店舗の担当者を経験し、地域に店ができる喜びを感じた。

3年目~

設備管理 チーフ

小規模店舗だったため、チーフながら、設備だけでなく警備や清掃も含めた責任者として総合管理を担当した。また、初めての部下を持ち、マネジメントの楽しさと難しさを学んだ。

6年目~

設備管理 センター長

センター長として大型商業施設の新規オープン業務を経験。業務および予算・売上の管理、スタッフの教育、他事業との調整を経験し、幅広いマネジメントスキルを得た。

9年目~

人事部 採用担当

採用担当者として新卒採用、中途採用業務を経験。また、採用の仕事だけでなく、教育や給与など幅広い人事業務を経験することで、人事という仕事の奥深さを学ぶことができた。

11年目~

設備管理 センター長

再び設備管理のセンター長に。異動2年目にはお客さまの立場として当社を管理するモールセンター長を経験。客観的に見ることで、当社の強みと弱みを把握することができた。その後、強みを活かして大規模改装工事の受託をサポートし、円滑に改装工事を成功させることでお客さまとWin-Winの関係を構築。

17年目
~現在

イオンディライトベトナム(出向) ハノイ支店長

これまでの経験を活かして、ベトナム北部の支店長として初めての海外勤務を経験。お客さまとの信頼関係構築や支店全体の売上管理・労務管理を担当。当社がまだ事業展開できていない地域で組織体制を構築している。
18年目には、ハノイで2店舗目の新店オープンのプロジェクトリーダーを担当。現在は地域拡大のためにハイフォン市のサポートを実施。ベトナムの地域発展に貢献できていることを実感している。

キャリア形成を
支援する制度

キャリアグレード制度 学歴・年齢・性別・国籍にかかわらず、個人の能力に応じた人事評価を行うための制度です。
昇格のための試験は2年に1回受験可能です。
自己申告制度 社員が現在の職場の適応状況やチャレンジしたい業務等を、年1回申告する制度です。
グループ内公募制度 特定分野の適正人材を発掘するため、イオングループ各社の従業員が、所属する事業や会社の枠に一切とらわれることなく、自らの意思で希望する事業・職種に応募できる制度です。
社内表彰 年1回、業績向上に貢献、又は功績を残したイオンディライトグループ従業員に対し表彰を実施しています。